ABCDBLOG・ヒマナトキヨウノヨミモノ

小説家ABCDが注目するあれこれについて短くコラムやエッセイを書いています。面白い、楽しいものばっかり・・・のはずです。

日本のアイドルに注目! (90)【AKB48の終わりのはじまり・その2】

総選挙では大金が動く

前回の続きです。本来なら11回めの総選挙が行われるはずだった2019年は、AKB48の総選挙が行われないそうです。まあ、新潟のあの事件がったからだろうと直感的に理解する人が多いでしょう。全国区のニュースになるくらいの不祥事ですからイベント自粛はある程度しょうがないことかもしれません。

しかし、投票権付CDの売上は300万枚、開催都市で発生する経済効果はウン10億円が見込め、ゴールデンタイムに地上波で生中継されるというドル箱イベントです。たくさんのお金が動くのでレコード会社や運営会社など、メンバー以外にもたくさんの人がこのイベントの有無によって経済的な影響も受けるはずで、それを中止していいのか、あるいは不祥事が起きたのであればむしろ起死回生に利用することも可能ではと考える人だって少なくないに違いありません。2019年、AKB48は本当に総選挙を開催しなくていいのでしょうか。

AKB48大ブレイクのきっかけは総選挙

そもそもAKB48が社会現象といわれるほどの人気を得てギネスブックにも認定されるくらいの規模にまで拡大したきっかけは総選挙でした。20歳前後のアイドルのかわいらしい女の子たちにファン投票で順位をつけ、全員が勢ぞろいしているところで発表してよろこんでいたり悔しがっている姿を生中継するなんていう前代未聞のイベントが世間に受けたのです。しかも第2回めの総選挙において、絶対的エースとみられていた1回めの1位前田敦子が大島優子に逆転されるという波乱、しかもその2人の「私のことは嫌いでも~」「私たちにとって票数は愛~」という名スピーチが、ファンだけでなく世間のたくさんの人の心をつかんだことも大きかったと思われます。

前田大島前田大島で4回めまで昔の藤波辰爾と長州力の名勝負数え歌みたいな状況が続いたあと、アイドルというよりもバラエティタレントとして頭角を現していた指原莉乃が5回めの総選挙の1位となり、王道アイドル渡辺麻友の1位を1回はさんでのV4、しかも票数的に圧倒的であったため指原最強時代が続きました。

そして昨年、2018年は指原や卒業した渡辺だけでなく、指原と争えるくらいの人気を誇っていた柏木由紀や山本彩も総選挙に出馬しませんでした。そのため1位を狙える位置に繰りあがったメンバーとそのファンが熱くなる一方で世間の注目度はさがるという、CDの売上げ枚数過去最高にしてテレビの視聴率は過去最低という「村内イベント化」が進んだのでした。

この村内イベント化にはメンバーに対するプレッシャー強化という面がありました。総選挙前のイベントで倒れたり、ライバル関係にあるメンバー同士がぎすぎすして表に出せない発言が記者会見中にあったり、メンバー本人による投票が大量に行われたり、ファンに対する常識を超えた投票依頼があったり、などです。

メンバーのメンタル面、いやメンバー個人に限らずグループ全体のメンタル面で総選挙の継続がもはや経済的なプラスよりも大きな弊害を生みかねないところに来ているように私には見えていました。そこに、新女王の長期休養、新潟での不祥事が続いたのです。フジテレビの株主総会で社長が株主からの質問に答えて次の総選挙は地上波での生中継が行われない見込みであったこともあり、不祥事など起きていなくても開催されない可能性が高くなっていたのです。

(この記事終わり。(91)の内容については今のところ未定)


■このブログの歩き方■
挨拶・記事の作成方針・その他
https://www.abcdabcd.biz/ABCD

日本のアイドルに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/A

日本の鉄道に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/B

進学、資格、受験勉強に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/C

テレビ番組と動画サイトに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/D