ABCDBLOG

雑学系豆作家ABCDが今注目していること!

マイナーアイドル戦慄かなの ②【日本のアイドルに注目 (33)】

反省も更生もした戦慄かなのは頭が良さそう

前回の続きです。小1で両親が離婚してネグレクトのようなところで育って、学校でもいじめられて、母親の愛に飢えていたことが原因でグレて悪の道に走った戦慄かなのを少年院の先生(本人の言葉では“第2のお母さん”)が根気強く見てくれたそうです。1番ベテランの先生が担任で、少年院で子どもがえりして甘えたなどそういうことが少年院で反省して更生できた理由みたいです。暴れて単独寮に入れられたり部屋の監視カメラを壊したとか少年院に入るような人の中でも問題児の部類に入る人だったみたいですが先生の優しさに触れ、あとは少年院というシステムがうまくできていて、次第に変化したってことらしいです。

インターネットのインタビュー番組で「少年院では勉強が娯楽なの」と言っていましたが、勉強が楽しくなったことも大きかったようです。少年院で資格をたくさん、秘書検定、そろばん検定1級、漢検準1級、危険物取扱者ワープロ検定、エクセル検定、高卒認定など取ったそうで、今はアイドル活動だけでなく大学の法学部に入って大学生として勉強もしているそうです。

「ビリギャルよりもビリギャルじゃない?」(by戦慄かなの)

9月に放送されたテレビ番組で、もうすぐ誕生日なので20歳になると保護観察が取れるからそれを楽しみにしている、と言っていました。というのも児童虐待とか育児放棄の子どもを助ける活動をしようとしていて、団体を立ちあげてNPO化するつもりだが19歳だと理事になれないので、なれるのは20歳になってからなので今は手続きをしていてそのためのクラウドファンディングとかもはじめていて・・・・・・と難しい単語をポンポン口から出していました。

話を聞いていると頭の回転が速いのがわかります。インテリと表現してもいいような雰囲気を持っています。それでいてしゃべり方は普通、20歳前後の普通のアイドルがしゃべっている姿とかわりません。強烈な内容をあっけらかんとしゃべるのでそのギャップにやられます。

良いとも悪いとも、今後売れそうだとか売れないだろうとか、私には言えません。これまでたくさんアイドルを見てきましたが初めてのタイプです。とりあえずどのように成長していくか見守りたいと思います。

そのテレビ番組にはマツコデラックスが出ていましたが、驚きつつも見守りたいような感じでした。私だけじゃないみたいです。

(この記事終わり。(34)はざっくり、トップアイドルについて)