ABCDBLOG

雑学系豆作家ABCDが今注目していること!

動画サイトで困ったときの対処法 ①【テレビと動画サイトに注目 (5)】

どうしても見たいテレビ番組があったら

私はテレビを持っていません。厳密には地デジテレビを、持っていません。90年代に製造されておそらく90年代に買ったアナログのブラウン管テレビは持っています。しかしもちろん映りません。

製造時期はシールが貼ってあるのでわかるのですが買ったのがいつか、もしかするとリサイクルショップで中古の安いやつを買ったのかもしれず、とにかく長く同じテレビが同じ場所に置かれています。テレビであること以前にインテリアとして部屋の景色になじんでしまっていてもしも買換えようものなら、ピッタリ同じ大きさ同じ形のものがあれば別ですが、おそらく左右の棚や机、上に載せてある博多人形のケースなどを動かす必要がありそうです。

買うといろいろ大変そうなのでふみきれずにいます。薄いデジタルテレビは上にモノを載せられず、縦横の比率が違うのでピッタリ同じ大きさ同じ形なんてこともないでしょうし、21型相当って説明されても巻尺持参で測ってみるとちょっと違うんですよね。

要するに、古いテレビが地デジ化で映らなくなってもテレビを買替えていなのです。10年代の前半にいろいろ検討した結果で、詳しいことは(1)~(4)に書きました。

地デジテレビがないので基本的にテレビ番組は見ません。ラジオ中心の生活です。慣れてしまえば大して困ることもないのですが、それでもたまに面白そうな番組を新聞のラテ欄などで見つけてしまうことはあります。

時間をおいても忘れられず、あきらめることができなくてどうしても見たいのであれば動画サイトで探して見るしかありません。比較的安全なYouTubeで見つかってくれればいいのですが、なかなかこれが・・・・・・。

時間がたつと削除される

しかも著作権的な問題もあるようで、検索でヒットしても時間がたったため削除されているってパターンも珍しくありません。それでもどうしてもあきらめることができないのであれば、危険を覚悟して怪しげな動画サイトを訪れるしかなくなってしまいます。

一生懸命探せばお目当てのテレビ番組の動画は、タイトルをひらがなにしてみたり、ローマ字にかえてみたりして、試して試して試して最終的にはだいたい見つけることができます。しかし見つかる前に、あるいは見つかったと思ったら、ウイルスや意図せぬサイトへ誘導されるなど危険なことも起きたりします。ヒドイときはパソコンやスマートフフォンなどマシンを故障させようとするものもあるみたいです。こういうのってホントに困りますよね。

YouTubeだけはこれまでに強い危険を感じたことがないのですが、他の動画サイトは基本的に危険なものだとして用心しておいたほうがいいみたいです。具体的に、どうやって用心しているのか、私なりの方法を次回紹介します。