ABCDBLOG

雑学系豆作家ABCDが今注目していること!

動画サイトで困ったときの対処法 ②【テレビと動画サイトに注目 (6)】

動画サイトを閲覧するにあたって

前回の続きです。動画サイトはありがたい面もありますが、そのトップページで検索あるいは見つけた動画を再生しようとしただけでウイルスみたいなものに襲われることもあります。閲覧も検索もせずに開いたまましばらくほったらかしにしていただけでブラウザが動かなくなってしまったり、怪しげなアダルトサイトに移動していたりすることもあります。全然珍しいことではなく、何回もありました。

後日奇妙な請求書が郵送されてくることもあります。我々が運営しているアダルトサイトを閲覧したのはわかってるんだ料金を払え、払わなければ法的手段だ、という脅迫めいた書面が届いてしまったらあとは無視するしかありません。そこに書かれている連絡先に連絡なんかしようものなら間違いなくこじれます。とにかく、動画サイトには危険がいっぱい潜んでいます。

健全そうな動画サイトであっても

アダルトサイトが危険であることは誰でもわかるでしょうが、健全そうな動画サイトであっても、それこそ子どもでも名前を知ってそうな有名な動画サイトであっても危険は潜んでいます。危険な目にあった、あるいは、あいそうになった人は少なくないでしょう。

外国のサイトに勝手に移動させられた場合、クリックしないかぎり戻ることもできなくなってそれでいて意味不明の外国語で書かれているそのクリックの意味がわからない、みたいなこともあります。クリックするか電源を切るか、保存していない作りかけの書類があるときは本当に困ります。早く対処しなければ、書換えられたり個人情報が流出したりする前にどうにかしなければと焦ってしまいます。

電源ボタンを長押しして強制シャットダウンすると保存していない作りかけのデータが消失するだけでなく、マシンが故障することだってあります。運が悪ければハードディスクが損傷するなどマシンが完全に壊れてしまうこともありえます。なので強制シャットダウンはできるだけ避けたい方法です。

そこでもっとマイルドな解決法、または予防法はないものかと考えるわけです。何か起きるたびに考えます。私は、ネットで探したり詳しい人に聞いたりしてとりあえずいくつかの簡単な対策のようなものを実行しています。

ただし、あくまでも私のパソコン(windows7)が故障しないように壊れないように私が実際にやっているものです。もちろんウイルスバスターノートンのようなセキュリティソフトを利用すべきことは言うまでもありません。セキュリティソフトを使っていてもたまに怪しげなトラブルが起きることがあるから困るのです。では次回、困るケースと私なりのその対処法を具体的に紹介します。