ABCDBLOG・ヒマナトキヨウノヨミモノ

小説家ABCDが注目するあれこれについて短くコラムやエッセイを書いています。面白い、楽しいものばっかり・・・のはずです。

日本のアイドルに注目!(20) 【ポストまゆゆは誰? 岡田奈々?・その2】

ポストまゆゆ候補の岡田奈々と岡田奈々

前回に続いて今回もポストまゆゆ候補、岡田奈々に注目します。何を根拠にポストまゆゆの最有力候補は岡田奈々だとと言っているのか、それは今年の3月に発売された渡辺麻友卒業後最初のシングル、AKB48の「ジャーバージャ」のセンターポジションをつとめたのが岡田奈々だったからです。これは、ポストまゆゆは岡田奈々で行くというAKB運営側からの宣言だと私は理解しました。

総選挙シングル以外のシングルの場合の選抜メンバーとそのセンターは、秋元康総合プロデューサーをはじめ各劇場の支配人、運営会社やレコード会社などのスタッフが集まって会議して決めているそうです。ジャーバージャの選抜メンバーとセンターは2018リクエストアワーセットリストベスト100最終公演でサプライズ的に発表されたのですが、そこにいたたくさんのファンも岡田奈々のセンター起用に驚いてはいないみたい(ファンがもっとも驚いていたのは台湾出身の馬嘉伶の初めて選抜入りが発表されたとき)でした。テレビ朝日のミュージックステーションに28人の選抜メンバー全員で出演した際は猛プッシュ、全てのカットに岡田奈々が映るようにカット割りが決められていました。唄い終わった直後司会のタモリにマイクを向けられたももいろクローバーZの、4人組なのにカット数が少なめの高木れにが「岡田さんを見習って私もそういうチャンスがもらえるようがんばります」とうらやましそうにコメントしていました。

運営の猛プッシュだけでなくファンの推しあげもあってその3か月後、6月に行われた10回めの総選挙では7万5067票、前年の9位から4つ順位をあげて第5位になりました。いよいよ1位争いに絡めそうなところまであがって来ました。

「岡田奈々」の次に「岡田奈々(AKB48)」

AKB48に加入する前の岡田奈々は渡辺麻友の大ファンだったそうです。「まゆゆ神、単推し」と卒業コンサートのときにカミングアウトしていましたが、その意味でも渡辺麻友の後継者、ポストまゆゆにふさわしいかもしれません。

ところで、インターネットで岡田奈々を検索すると40年くらい前に同姓同名のアイドル歌手がいたためそっちの岡田奈々の次に岡田奈々(AKB48)と表示されます。昔のアイドルのほうが上に書いてあるんだよ、人気とか知名度とかがまだまだ足りないってことなのかなあ、と岡田奈々推しのファンが嘆いているのを聞いたことがあります。残念な、まだまだ厳しい現状ではありますがこれが今後どう変化していくのか、私は楽しみにしています。

(この記事終わり。(21)は岡田奈々以外のポストまゆゆ候補について。候補は1人だけではありません)

 

■このブログの歩き方■
挨拶・記事の作成方針・その他
https://www.abcdabcd.biz/ABCD

日本のアイドルに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/A

日本の鉄道に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/B

進学、資格、受験勉強に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/C

テレビ番組と動画サイトに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/D