ABCDBLOG・ヒマナトキヨウノヨミモノ

小説家ABCDが注目するあれこれについて短くコラムやエッセイを書いています。面白い、楽しいものばっかり・・・のはずです。

テレビ番組と動画サイトに注目!(7) 【動画サイトで困ったときの対処法・その3】

困るケース1

前回の続きです。今回は困るケース2つとその対処法を具体的に紹介します。

動画サイトを閲覧しようとしたら突然変な名前のサイトが別タブで(パソコンの設定によっては別ウインドウで)開くことがあります。タブ上に変な、見たこともない名前が表示されてなんかおかしいぞと思ったものの、読込みが終わるまでほっておいたらそのあとは何をやっても閉じなくなったり、脅迫めいた文言が表示されて怖い思いをする場合があります。

私は、急にブラウザがどんどん開いて画面じゅうがブラウザだらけになったことがあります。SFアニメのタイムワープ中みたいな画面になってビックリ、2回経験しましたが初めてのときは特にぞっとしました。

こういうことにならないようにするための対策としてまず、ブラウザのホームページを空白のページ(about:blank)に設定して、異常があったら即ホームページボタンで移動するようにしています。空白のページは他のどんなページよりも軽いため逃げ場として用意しておくと有効みたいです。新しいブラウザが開くたび、空白のページへの移動を何回かくりかえしたらそれでおさまりました。おさまっただけではまだ気になるという人は、念のため一時フォルダの中身を消去(ツールの中にある“閲覧履歴の消去”で簡単にできます)すると盤石です。

困るケース2

突然ブラウザが動かなくなってOSを、あるいはアプリケーションソフトを更新するように求められることがあります。OKのアイコンをクリックするしかないような状況です。ホームページボタンを押しても反応してくれません。

初めてこの状況に陥ったときはどうしようもなくて電源ボタンを長押しして強制シャットダウンしましたが、パソコンが壊れてしまうんじゃないかとかなりヒヤッとしました。運よく壊れず、故障も免れたのですが、また同じようなことが起きたらどうしようと心配になっていろいろ調べてみました。簡単な対処法がすぐに見つかりました。

ブラウザが固まって動かなくなったときは秘密兵器のタスクマネージャーを起動(画面の下のほうで右クリックしたあと選択)させます。タスクマネージャーを使うとそれまで固まって動かなかったブラウザがあっさり閉じられます。あとは普通にブラウザを再起動するだけです。

こういうときも念のため一時フォルダの中身は消去したほうがいいと思われます。ウイルスなどは、とくにセキュリティソフトが検知しないようなタチの悪いものは得てして一時フォルダの中に紛れこんでいるものです。

一時フォルダの中身を消去しようとすると、コンピューターに影響があるかもしれませんよいいんですか的な警告が出ることがありますが、私の場合悪い影響が出たことはありません。以上、参考にしてください。

(この記事終わり。(8)は年末年始のテレビ番組について)

 

■このブログの歩き方■
挨拶・記事の作成方針・その他
https://www.abcdabcd.biz/ABCD

日本のアイドルに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/A

日本の鉄道に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/B

進学、資格、受験勉強に注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/C

テレビ番組と動画サイトに注目!<目次>
https://www.abcdabcd.biz/ABCD/D